06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターセル ブラックリスト

2013年 12月04日 21:47 (水)

私もサムおじさんのオデコを指で押し上げたい

スプリンターセル ブラックリストスプリンターセル ブラックリスト
(2013/09/05)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

http://www.ubisoft.co.jp/scbl/ (公式サイト)

今回はUBIさんのステルスゲームのお話。ちなみに、シリーズ初プレイ。

同じUBIさんのアサシンクリードと比べて、このゲームは潜入の部分に特化したガチのステルスゲームです。
そのため、敵AIも賢く、ゴリ押しでは即死亡という具合に難易度も高いのですが、
それほど難しい操作はなく、地形や手持ちのガジェットの特性がわかってくると、サクサクと進めるようになっています。

【良い点】
・潜入のルートの幅が広く、罠として使える多種多様なガジェット等、
潜入時において敵を闇討ちorやり過ごすための手段が非常に豊富である
・操作性もよく、カバー状態への以降やそこから闇討ち等の動作にストレスがたまらない
・マークした射程内の敵に自動的にヘッドショットを決めるエクスキュートシステムのおかげで
銃のエイムが苦手なプレイヤーでもプレイしやすい(ただし、最高難易度ではこのシステムは使用不可)
・最適ルートや手段を見つければ、非常にサクサクと進められる
難易度ノーマルでも最適と思われるような行動は高難易度でもそのまま通用することが多く
難易度を上げて唐突に理不尽な操作を要求されるようなことはない
・ゲームパッドをタッチするだけでガジェットの変更が簡単に行える
・協力と対戦の2種類のマルチプレイモードもあり、本編で飽きてもそちらで長く遊べる

【悪い点】
・一部の協力ミッションがソロではプレイできない
・シリーズ未プレイの場合、登場人物の人間関係が把握しづらい

目立った欠点もなく、完成度の高いステルスゲームの良作。
自分はもっと早くこのシリーズをプレイすべきだったと後悔したほどです。

その難易度の高さゆえ、死んで覚えるゲームという傾向は強いのですが、
プレイするほどに自身の上達が実感しやすく、硬派な作りのゲームを好む方にはお勧めです。

また、上達すると高難易度でも驚くほどサクサク進めますし、
世界ランクも表示されますので、タイムやスコアアタックの熱いゲームでもあります。
意外とピクミンとかをガッツリプレイするような方もハマるかもしれませんね
(ゲームの方向性は全く違いますが)
スポンサーサイト

The Wonderful 101

2013年 12月02日 21:11 (月)

100人の覆面黒ビキニ集団が世界を救う

The Wonderful 101The Wonderful 101
(2013/08/24)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/acmj/ (公式サイト)

以前の記事に拍手ありがとうございます。
というか、長らくブログ放置プレイで大変もうしわけありませんでした。

ではでは、プラチナゲームズさんのヒーローゲームのお話に入りましょう。
このゲームは最大100人のヒーローを操作して3Dのステージを次々とクリアしていく他に類を見ないアクションゲームです。
隊員ごとにユナイトモーフと呼ばれる特殊能力が備わっており、その特殊能力を状況に応じて使い分けていくこと事で敵を倒したり、仕掛けを解いて進むことができます。

ただ、実際は隊員の人数に関わらず、「集団」そのものが一人の操作キャラのようになっており、ユナイトモーフはストーリーの進行で習得するスキルのような扱いになっています。
画面内のキャラの多さからピクミンのようなゲームと誤解されることがありますが、
こちらは人数そのものを武器として戦うゲームであり、複数の集団に支持を出して効率よく作業を行わせるピクミンとは全くゲーム性が異なります。

【良い点】
・ユナイトモーフを使った豪快かつ爽快なアクションが楽しい
複数のユナイトモーフを組み合わせてのコンボや、
別々のユナイトモーフを同時に展開するなど攻撃手段も多彩
・動きが非常に滑らかで、動作がカクつくことはまずない(60fps安定?)
・ステージの構成も多彩で、ステージごとの特殊な仕掛けやアクション以外のステージも多い
・低難易度モードではベヨネッタのようなオートマチックモード(ボタン連打だけで適確な攻撃をしてくれる)もあるので、アクションの苦手な人でもプレイ可能
・高難易度モードや実績的なものもあり、やり込める要素は多い(実績解除で新隊員が加入する)
・ストーリーは王道熱血ヒーローもの。意外性はないが、コミカルな場面を程よく取り入れたり
演出等もしっかりしているので退屈しない

【悪い点】
・シューティングゲームを行う頻度が多く、純粋なアクションゲームとしてだけ楽しみたい場合は、これが足枷になる
・テレビ&ゲームパッドと二画面を使って進む場面が何度かあるが、
視点が見づらく操作もしづらいのでストレスがたまる
・カメラがかなり引いているため、現在の操作キャラが小さく見失いやすい
とくに複数の雑魚との戦闘で顕著。カメラを拡大すると敵の挙動が見えなくなるので、どうしようもない
・画面外からの攻撃が理不尽な時が多々ある

総じて、思いつく限り楽しそうなものを盛り込んでみた意欲的なアクションゲームと言えます。
ただ、同時に余計な要素も数多くついていると見ることもできます。

純粋にアクションゲームとして見た場合は、荒削りな部分もありますが爽快で長く遊べる佳作レベルの作品といったところです。
ですが、骨太なアクションを求めているとシューティング等がうっとうしく感じる。
なので、どういう方にならお勧めかというと判断に困るのですよね。
興味がある方は公式サイト等の動画や体験版で判断してください。

以下、どうでもいいキャラ萌え話

続きを読む

ようやくモンハンも一段落

2013年 11月10日 05:41 (日)

絶賛放置中ブログで大変申し訳ありませんでした。諸悪の根源のMH4もようやく一段落しました
団長の挑戦状、ランク解放が終わってティガ希少種を倒したあたりで、そろそろ私の情熱も尽きて参りましたね
ランク解放前は緊急クエストだけはソロで頑張るっていう謎の方針で進んできましたが、
それらは無事に達成できてよろしゅうございました(流石に解放後のクエはソロ諦めた)

とにかく、これでようやっと別のゲームに取り掛かれそうですし、ブログにも手をつけられそうです。
ガルモの時もそうでしたが、病的にハマってしまうとブログが完全放置になるのはよくないクセだわ……

あとは、どうでもいいことを最後につぶやいておきましょうか

各地で男をたぶらかしてる団長には盛大にお仕置きが必要だと思います

申し訳ありません

2013年 09月29日 09:58 (日)

すっかり更新サボっていて申し訳ありません。案の定、ゲームばっかりしています。
101やってスプリンターセルBLやって、今はモンハンやってるので、まだ当分はこんな感じかと。
あとは、風のタクトHDもやりたいのですよね。いやー、もうやりたりゲーム多すぎて困っちゃう。

更新楽しみにしている方には、重ね重ね申し訳ありません。

とりあえずですね・・・

団長と加工担当夫婦に萌え萌えしていきたいと思います

以上、おしまい

拍手コメントのお返事

2013年 08月22日 23:27 (木)

前回の記事に拍手ありがとうございます。レゴシティで存分に暴れてくださいね。
さて、拍手コメントをいただきましたので返信したいと思います。

>08/19 18:25 に拍手コメントをいただいた方

>初めて神谷さんのリアル姿を見ましたが、確かにこっち受けの良さそうな方ですね
拍手コメントありがとうございます。
神谷はこっち受けよさそうな感じですよね。というか、もう完全に見た目がイカホモですよ!
二丁目の飲み屋でママやっていても全然驚かないレベルですよ!

でも、あくまでノンケですからね。多分、おそらく、きっと。

>ニンダイとかでおっさん達がゲーム紹介してくれることが多くて嬉しい限りです
ゲーム開発者だけでなく、ゲーム好きおじさんも出てきてくれるからいいですよね。
色んなおじさんが出てきてくれるので、私も嬉しい限りです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。