FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサシンクリード2 スペシャルエディション

2012年 12月19日 00:23 (水)

急に可愛いこと言い出すエツィオに胸キュン
アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】アサシンクリードII スペシャルエディション【CEROレーティング「Z」】
(2010/08/05)
PlayStation 3

商品詳細を見る

アサシンクリードII スペシャルエディション (X360プラチナコレクション) 【CEROレーティング「Z」】アサシンクリードII スペシャルエディション (X360プラチナコレクション) 【CEROレーティング「Z」】
(2010/08/05)
Xbox 360

商品詳細を見る

http://www.ubisoft.co.jp/assassinscreed2/(公式サイト)

前回の記事に拍手ありがとうございました。私が落ちて欲しかったロクデナシは見事落選しました。
あいつを国政の場に送るのは地元の恥だと思っていましたので清々しましたよ。

さて、UBIさんの看板ゲーム二作目完全版のお話です。3の前に2の話をしたかったものでして。
この作品はCERO:Z(18歳以上のみ購入可)のゲームですのでご注意ください。

ちなみに、アサクリは1+2のダブルパックも発売されていますので、
1も未プレイであるのならそちらもいいでしょう。私は1は未プレイですので、2だけの話をさせていただきます。

表向きはこっそり敵に忍び寄って暗殺を行うゲームなのですが、
このゲームの一番のキモはどこもかしこも駆け上がってよじ登れるシステムにあります。
フィレンツェやヴェネツィア等の美しい街中に縦横無尽に動き回れるのはなかなか楽しいです。
高い場所から安全地帯にぴゅーと飛び降りるのもなかなか爽快です。
あちこち登ったり隠れたりと行いながら、それを潜入・暗殺に生かしていくのも面白い。

お話はルネサンス期のイタリアを舞台に、とある出来事からアサシンとなった女癖の悪い坊ちゃん青年エツィオを操作し、
歴史の裏で暗躍するテンプル騎士団と戦っていくというのが主な流れです。
ストーリー的にはまあまあ普通といったところです。
一応、1の続編なのですが、話が続いている部分は現代編のお話だけです。
これは1未プレイの方のために簡単に解説も入りますので、理解不能ということはないでしょう。

難点はメインのミッションでも似たようなものが多いため、若干飽きやすいかなというところ。
あと、街と街の間で一気に移動できるシステムはありますが、
街中で所定の場所に移動するというものはないので、結構移動が億劫な部分もあります。

それと、気をつけて欲しいのは、本格的なスニークゲームではないということです。
敵に見つかったらアウトという場面もあまりなく、暗殺は結構ゴリ押しでなんとかなってしまいます。
戦闘そのものも、とりあえずカウンター操作さえできればまず負けることはありません。
また、前述したように、このゲームのキモは街中を縦横無尽に動き回れることにありますので、
暗殺・潜入というところに過大な期待をすると肩透かしを食らうことになるでしょう。

まとめると、コア向けのゲームというよりは雰囲気を楽しむライト寄りのゲームに近いです。
特別欠陥があるわけでもなく、システムはよく出来ていますので、Z指定のゲームの中でもとくに万人向けかなと思います。
ごり押しが通じやすいのは、裏を返せばアクションが苦手な方でもプレイしやすいとも言えます。
試しに洋ゲーに手を出してみようかなという人にはこれがお勧めです。

また、Z指定のゲームではありますが、出血の表現があるぐらいで特にグロい映像が出てくるというわけではありません。
主人公エツィオは見た目も中身もさっぱりしたキャラですし、日本語吹き替えもされていますので、
洋ゲーが苦手な方でも比較的手に取りやすい作品かなと思われます。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。