FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアーエムブレム 紋章の謎

2013年 01月28日 03:49 (月)

オグマ隊長の設定は薄い本向きですね
ファイアーエムブレム 紋章の謎ファイアーエムブレム 紋章の謎
(1994/01/21)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/famicom30th/index.html(WiiUVC体験キャンペーン)
http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_fe/(Wiiバーチャルコンソール)

今回からちょっとレビューの書き方を変えてみようと思います。
これまではダラダラと長すぎて読みづらいものだったので(書く側も億劫になりやすいし)。

というわけで、来月に30円で購入できるSFCのFE第一作のお話です。
この紋章の謎で今後にも生かされるシステム等の基礎が固まり、新規のファンの獲得にも繋がりました。
シリーズのファンにとっても思い入れの強い作品だと思われます。

【良い点】
・シンプルで遊びやすいSRPG。ややこしいシステムは少ない
・敵の強さや配置及び増援といった部分も絶妙で、ゲームバランスも概ね良好
・FC版暗黒竜と光の剣のリメイク+その続編の二部構成でボリュームも多い
・ストーリーも王道かつ無難なつくり。第二部がやや重い展開ではあるが、そこも魅力ではある
・現在のFEに比べると台詞の量は少ないが、個々のキャラの魅力は伝わる

【悪い点】
・容量等の都合からか、FC版暗黒竜から削除されたキャラが多数いる
・屋内の戦闘で騎兵が強制的に歩兵になるのは、理屈は理解できるが戸惑ったり不便な点ではある
・第二部の中盤、敵の傾向が似たようなマップが続くのでダレやすい
・第二部は特定のアイテムを全て集めないと終章に進めないのは少々不親切
 しかも、必要なアイテムの数も結構多く、取り逃した際の救済もない
・キャラの色使いが原色バリバリで目に優しくない

今プレイすると細かい部分でやり辛いところはありますが、基本的には初心者でも遊びやすく、
かつヌルゲーというわけでもないない良作のSRPGといっていいでしょう。
ただし、支援会話等はなく、最近のFE(とくに覚醒)のようなキャラ萌え路線は薄いので、
そういうものを求めている方には物足りないかもしれません。

以下、どうでもいいキャラ萌え話

私の萌えの守備範囲の広さはFEで培われたといっても過言ではありません。

ショタ:ユベロきゅん
美形:ジョルジュ
兄貴キャラ:オグマ隊長
ご老体:ロレンス

当時はこの辺を愛用していましたが、今見るとムキムキのサジマジバーツや、
ドーガたんの鎧で蒸れたガチムチボディとかもとても美味しそうです。
封印でマーカスに萌えていたので、ジェイガンも邪な目で見るようになってしまいました。

しかし、やはりなんといってもオグマ隊長ですね。
FC時代のターちゃんも好きでしたが、こちらのほうが思い入れが強いです。
元奴隷の剣闘士で鞭でビシビシやられていたとかたまりませんね。

この当時から薄い本のネタを提供してくれるとか流石はFEです

あとは女性キャラの萌えもFEの影響が大きいですね。
シーダ、ミネルバ、マリア、ユミナ、シーマとお姫様キャラ萌えに目覚めましたね。
(ニーナ様もそう嫌いではなかった)

いやー、なんだかんだでFEは私の萌えの故郷のようなものです。
今度の30円配信をきっかけにゆっくりと帰郷してみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

2013年12月01日 14:33

先程ガルシアのコメ書かせてもらったゲイゲーマーですヽ(^ω^)ノ

烈火のオズインがイケます!

FEは薄い本のサンクチュアリですよねヽ(^ω^)ノ

たぶん管理者様とは同年代なんでしょうか。好きなゲームばかりで嬉しいですヽ(^ω^)ノ

2013年12月03日 22:18

リバーさん、再度のコメントどうもです

あー、私もオズインさんは大好きですね。シリーズ最萌えのおっさんキャラですわ。
もう完全に若様のおかん状態になっているお世話っぷり。オヤジでオカン、これ最強。
あとはセーラとの会話でぴょこんぴょこん動いてるのがたまらなく可愛かったです。
記事でも書きましたが、FEは私の萌えの根源ですわ。

ふーむ、同年代なのでしょうか。私は小学生時代をスーファミで過ごしていた世代なので、
あの時代のゲームがとくに強烈に印象に残っていますね。

最近はあまり古いゲームは取り上げていませんが、よろしければまた覗いてやってくださいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。