FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タクティクスオウガ 運命の輪

2013年 02月06日 21:18 (水)

上から目線の嫌な女!(←お前が言うな)
アルティメット ヒッツ タクティクスオウガ 運命の輪アルティメット ヒッツ タクティクスオウガ 運命の輪
(2011/12/22)
Sony PSP

商品詳細を見る

http://www.square-enix.co.jp/tacticsogre/(公式サイト)

前回の記事に拍手ありがとうございます。現在、マリオUは☆5を達成して感無量でございます。
さてさて、SRPGで名作とされる作品のリメイク版のお話です。
この作品で松野信者になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私もSFC版は何週もするほど好きでしたよ。

敵味方ともにウェイトターンという数値の順に従って行動が可能となり、
高さや向きの概念のあるマップで戦うという根本は原典と同じです。
ただし、それ以外のシステム面では変更点が多いです。

【良い点】
・クラス事の特徴が明確化され、以前よりもユニットの使い分けが楽しくなった
・リザードマン等の亜人種も人間程多彩ではないがクラスチェンジが可能になった
・装備品の重さが大幅に緩和されて強力な武具が使いやすくなった
・クリア後に解禁される「W.O.R.L.D.」で周回引継ぎプレイ的なものが可能になった
・民族紛争をテーマにしたストーリーはしっかりしている
 今プレイすると強引な点は目立つが、それでも十分良い出来といえる
・選択肢によって話が分岐し、内容が大幅に変わる
・原典にもあった死者の宮殿に他に隠しダンジョンが追加され、
 無料DLCでの追加エピソードもある。やり込める要素は多い

【悪い点】
・レベルアップボーナスの存在が育成の足かせになる(おそらく、今作で最大の問題点)
 クラスごとにレベルが存在するため、複数のクラスをレベルアップさせていると
 あとから加入するキャラの育成が大変困難になる
 しかも、このレベルアップボーナスの説明はゲーム中はおろか説明書にも一切ない
・未使用のクラスはレベル1からになる。ユニットの能力も激減してしまうので、
 原作のトレーニングモードと同じかそれ以上に育成に手間がかかってしまう
・クラスチェンジに有料のアイテムが必要になった
 またキャラ固有のクラスのチェンジアイテムの入手方法が非常にめんどくさい
・装備品にレベル制限がついた。オフゲーでは全く意味の無い仕様
・アイテムの合成が確率で決まる上に成功率が低い。ロードを繰り返して作成せざるを得ない
・レアアイテムの入手も確率で、ターン数を巻き戻す「C.H.A.R.I.O.T.」を多用せざるを得ない
・回復魔法の回復量が固定の上に回復量に乏しく、存在価値が激減した
・延々と敵同士で補助魔法をかけあっていたり等、敵AIの挙動がおかしい
 しかも、中盤以降は敵の数も多いので意味不明な行動が続いてストレスがたまる
・味方もAIモードだと頭が悪い。一度装備した魔法が外せないシステムがそれに拍車をかける

はっきり言って未調整な部分が多すぎです。未完成品のまま発売したとしか思えない。
(実際、開発者がそういう旨の話をしているので間違いないでしょう)
やり込めるような作りにはなっているのですが、そうするとこれらの未調整な部分が重くのしかかり、
そこには苦行の繰り返しが待っているだけです。
レベルアップボーナスのせいで単純に好きなキャラを育成しようとしても色々と面倒くさいという。
そういう部分まで含めて総合的に判断するなら微妙ゲーになってしまいます。

ただし、あまりやり込まずに1周クリアして終了というプレイであるなら、
これらの問題点もそこまで大きな影響は出てこないでしょう。
ですので、今は値段もかなり安いでしょうから、
かるーくやってみようかなという程度であるなら、凡作以上のSRPGとして楽しめる出来でしょう。
ですが、そこから少しでもやり込もうとすると、
途端に苦痛が待っているという点は十分に理解しておいてください。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。