FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターセル ブラックリスト

2013年 12月04日 21:47 (水)

私もサムおじさんのオデコを指で押し上げたい

スプリンターセル ブラックリストスプリンターセル ブラックリスト
(2013/09/05)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

http://www.ubisoft.co.jp/scbl/ (公式サイト)

今回はUBIさんのステルスゲームのお話。ちなみに、シリーズ初プレイ。

同じUBIさんのアサシンクリードと比べて、このゲームは潜入の部分に特化したガチのステルスゲームです。
そのため、敵AIも賢く、ゴリ押しでは即死亡という具合に難易度も高いのですが、
それほど難しい操作はなく、地形や手持ちのガジェットの特性がわかってくると、サクサクと進めるようになっています。

【良い点】
・潜入のルートの幅が広く、罠として使える多種多様なガジェット等、
潜入時において敵を闇討ちorやり過ごすための手段が非常に豊富である
・操作性もよく、カバー状態への以降やそこから闇討ち等の動作にストレスがたまらない
・マークした射程内の敵に自動的にヘッドショットを決めるエクスキュートシステムのおかげで
銃のエイムが苦手なプレイヤーでもプレイしやすい(ただし、最高難易度ではこのシステムは使用不可)
・最適ルートや手段を見つければ、非常にサクサクと進められる
難易度ノーマルでも最適と思われるような行動は高難易度でもそのまま通用することが多く
難易度を上げて唐突に理不尽な操作を要求されるようなことはない
・ゲームパッドをタッチするだけでガジェットの変更が簡単に行える
・協力と対戦の2種類のマルチプレイモードもあり、本編で飽きてもそちらで長く遊べる

【悪い点】
・一部の協力ミッションがソロではプレイできない
・シリーズ未プレイの場合、登場人物の人間関係が把握しづらい

目立った欠点もなく、完成度の高いステルスゲームの良作。
自分はもっと早くこのシリーズをプレイすべきだったと後悔したほどです。

その難易度の高さゆえ、死んで覚えるゲームという傾向は強いのですが、
プレイするほどに自身の上達が実感しやすく、硬派な作りのゲームを好む方にはお勧めです。

また、上達すると高難易度でも驚くほどサクサク進めますし、
世界ランクも表示されますので、タイムやスコアアタックの熱いゲームでもあります。
意外とピクミンとかをガッツリプレイするような方もハマるかもしれませんね
(ゲームの方向性は全く違いますが)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。