FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーマリオワールド

2012年 07月25日 23:35 (水)

ところでマリオっていくつなの?
スーパーマリオワールドスーパーマリオワールド
(1990/11/21)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る

http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_smw/(バーチャルコンソール)

思いっきり昔に戻ってみました。世界で愛されるヒゲ親父ジャンプアクションゲームの4作目です。
レビューというよりは昔を懐かしむ感じで語ってみようかと思います。

1990年に発売され、スーパーファミコン購入の牽引役にもなったこの作品。
ゲーム機の進化というものを多くの人々に印象づけた偉大なゲームでもあります。
前世代のファミコンから大幅に進化したグラフィックに、当時の私は心を躍らせたものです。

グラフィックは今プレイしても古臭さを感じさせないのは、
技術と共にスタッフのセンスも良かったからなのでしょうね。
ゲームとしても、シンプルな2Dジャンプアクションながら多彩な仕掛けのあるステージ、
各地に存在する隠しルートと、現在の任天堂のゲームにも通じる面白さが随所に詰まっております。

難易度ですが、今やってみると案外ミスして死んだりすることが多く、
思っていたよりも難しかったんだなという印象を受けます。
マントマリオですっ飛んでいけばラクできるだろうと思ったら、
意外とそれが通用しないステージも多かったりして。

単に私が下手くそになっただけなのかもしれませんが

よくよく思い出せば、当時も何回もやられてたり落ちたりしてようやくクッパを倒せた気がします。
リトライを苦痛と感じさせない、絶妙な難易度の匙加減もよくできていたのでしょうね。

懐古補正抜きにしても、今プレイしても結構楽しめるてしまうのは流石と言うしかありません。
単純ながら奥深くそれでいて快適、ついつい時間を忘れてプレイしてしまう。
ゲームの面白さの基本となる部分を再認識させてくれる良いゲームでした。

ところで、再プレイして隠しルートを全部出そうとしていたのですが、
クッパ城の裏口に繋がるルートだけがどうにも上手くいかない。
あんなのよくクリアできたな、子供時代の私。いや、むしろ子供だから無我夢中でプレイして上手くいったのか。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。