FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃声とダイヤモンドで腐った話

2012年 08月08日 04:31 (水)

以前のレビューをいくつか手直ししておきました。
冗長かなと思う部分を削ったり、ちょっと付け加えた程度ですけど。
でも、こういうことやっていると信頼失うよなぁとは思いますが、
今後は手直しの必要がないように気をつけようという自戒の意味も込めて白状しておきます。

さて本題。鬼塚と中村さんで腐った話です。
BL的なお話なので以降の内容の閲覧はご注意ください。


線の細い中村さんはゲイ受けはしないだろうなとは思うのですが、私は結構好きだったりします。
ああいう、いじり甲斐のありそうな御仁は大好物なんですよ。
実際に鬼塚がラジコンの人形で中村さんをからかったりしていますが、そこでプリプリ怒る中村さんがちょー可愛いの。

私の中で鬼塚×中村が確定した瞬間でもありました

本編になくても、あんなことしょっちゅうしてるでしょうね。だって、鬼塚だもん。
いたずらされてムッとなる中村さんを、口八丁手八丁な鬼塚が結局丸め込んでしまうわけですね。
そんなことされてるうちに段々と鬼塚が気になってくる中村さん。実に巧妙な罠です。

あと、中村さんのほうが年上で、鬼塚からさん付けで呼ばれる立場というのも私のツボを突いています。
年上受けが大好物なんですよ、私。

ですが、実際鬼塚と付き合うことになったら色々と大変そうです。
なんてったって競艇で借金作りまくっちゃうような男ですからね。私生活は結構だらしないだろうなぁ。
でも、そんな鬼塚をせっせと甲斐甲斐しく世話する中村さんもいいですね。
尽くしているのに結局は問題起こされて怒る中村さんと、あの手この手で相手をなだめる鬼塚。
そんなどうしようもない二人をモッケイさんがドッグフード食いながら生暖かく見守ってくれればいいと思います。

後半はグレンが目立ってくるからか、中村さんの出番がすっかり減ってしまうのが悲しいです。
でも、きっと我々の知らないところで

「鬼塚、なんだあの男は。お前とどういう関係だ」
「そんな、中村さんが思ってるような間柄じゃないですよ」

なんてやり取りがあるだろうと妄想しておきます。

にしても、商業BL本にこんな話ありそうだな

というところで、本日はこれにてお開き。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。