FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジー零式

2012年 08月28日 21:23 (火)

ブチキレクイーンちゃんマジヤヌス
ファイナルファンタジー零式ファイナルファンタジー零式
(2011/10/27)
Sony PSP

商品詳細を見る

http://www.square-enix.co.jp/fabula/0/(公式サイト)

以前の記事に拍手ありがとうございます。
あのサモナイのレビューで拍手を頂けるとは夢にも思いませんでしたが。
さて、今日はFF13の派生作品のお話。
前回零式の話をちょろっとしたのでついでにレビューもしておきます。

このゲームを大まかに言うなら、マルチプレイができるアクションRPGです。
ストーリーの進行に応じて次々とミッションが入り、
それをステージクリア型アクションのような戦闘でこなしていくというのが主な流れです。
ミッションの合間には拠点となる魔道院で授業を受けて能力アップしたり、
サブイベントを発生させたりといったことができます。

アクション部分で特徴的なのが、雑魚が隙を晒した時に表示されるキルサイトシステム。
サインが出ている間に攻撃すれば敵を一撃で倒すことができます。
(ボスクラスの敵の場合は大ダメージを与えるブレイクサイトになります)
相手の行動を予測しながら立ち回り、敵を一撃でスパーンと倒せるのはなかなか気持ちいいです。
合計14人の操作キャラ達のアクションの差別化もしっかりしています。
極端な話、コロコロ回避しながらキルサイトを狙っていればいいのですが、
そこにキャラ固有アクションやアビリティが加わることで戦い方が随分変わりますので、
操作キャラを変えるとなかなか新鮮な気持ちで楽しむことができます。

ですが、アクション部分は基本的に難易度は高めです。
敵の攻撃力が高いので序盤でも油断しているとすぐ死にます。
しかも、一度死んだキャラ(自分で操作していないキャラも含めて)は、
そのミッションの間は復活できない仕様になっています。
ただ、攻撃魔法が鬼のように強いゲームなので、
最悪レム等の魔法が強力なキャラを使えば、割とゴリ押しできたりするのですが・・・。

他にワールドマップで行うシミュレーションゲーム的な戦闘もあります。
ただ、これはミニゲームに近く、基本的にモーグリの指示通りに動いていれば問題ありません。

次にストーリーについて。独特の世界観を表現していたりと悪くはないのですが、
後半のシナリオが変な超展開ばっかりなのでそこが大きなマイナスです。
あと、メインストーリーだけではマキナとレム以外の主要キャラ達の印象も薄いです。
サブイベントを行えばある程度キャラ同士の繋がりやキャラの意外な面も見れたりするのですが、
1周目では全てのサブイベントを網羅できないような仕様になっているうえ、
2週目以降で解禁されるようなイベントも多いです。
強くてニューゲーム的な引継ぎもあるので、周回プレイ前提の作りと思ってください。

さて問題点ですが、これが結構多いです。まず、アクション部分の作りこみが甘い。
近接攻撃が全く届かない位置に敵がいる事が多々あります(とくに、本編の敵に多い)。
ゲームの仕様上、遠距離攻撃や魔法が強いのは仕方ないとしても、
近接攻撃キャラを操作していると詰むような場面が多いとさすがに萎えます。
それと、やたらと不親切で手間のかかる仕様が多いです。
戦闘中にメニュー画面が開けますが、メニューが開いている間も敵が攻撃してきます。
(一応、アイテムは一種類だけセレクトボタンに登録はできますが)
しかも、メニューを開いても装備やアビリティの付け替えはできません。
あと、ワールドマップがあるのですが、本編ではミッションをクリアしたら魔道院まで戻らないといけません。
いちいち魔道院まで戻るのも手間な上、ランダムエンカウントで敵から逃げるには高価なアイテムが必要です。
さらに、エンカウント無しにできるチョコボは消費制なので繁殖して増やさないといけないと、
ほんと余計な手間ばっかりかかるので、ワールドマップの存在自体が鬱陶しく感じます。
他にもセーブポイントでしかセーブできない仕様など、細かい点を挙げたらキリがないです。

それと、私はマルチプレイは一切やっていません。
ホスト側にポイントが入らない仕様という段階でやる気が失せました。
仲のいい人と一緒にプレイできるのであれば、楽しめるかもしれません。

まとめると、純粋にアクションゲームとして楽しもうとすると煩わしい点が多いです。
学園要素もオマケ程度ですし、単純にキャラゲーとして楽しもうと思うと、
周回プレイや高難易度ミッションクリアを要求されたりとハードルが高い。
(ペルソナシリーズみたいなものを期待しているなら、絶対に後悔します)
評価できる部分もありますが、総合的に見るならマイナス要素の多さから微妙ゲーといったところです。
70万以上も売れた割に存在感が無いのはこのへんが理由でしょうね

物凄くどうでもいいことですが、豪華声優をウリにしたり、
スケルガとかパンツに力を入れましたとかそんなアホな事やるなら、
もう最初からプライド捨ててコテコテの学園もの&キャラ萌えゲーでいけば、
その後の商売もやりやすかっただろうに。なんて事をプレイして考えてしまいましたね。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。