FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストストーリー

2012年 09月05日 22:19 (水)

その髪型・・・てめぇはカリアゲクォーク!
ラストストーリー(特典なし)ラストストーリー(特典なし)
(2011/01/27)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

http://www.nintendo.co.jp/wii/slsj/(公式サイト)

FFを手がけていた坂口博信氏率いるミストウォーカー製のゲームのお話。
坂口氏は新たなRPGの形を求めて一からの挑戦を行いたいとのことでしたが、
実際に出来上がったものは・・・。

ゲームの主な流れは「イベントを眺める→戦闘をこなしてダンジョンを進む」を繰り返すという感じです。
ですので、ムービーと戦闘が大半を占めるゲームです。
既存のRPGと同じ感覚でプレイすると戸惑うことになるかと思います。

ではまず、戦闘部分のお話。主人公は敵からターゲットを集めるギャザリングという力をもっています。
このゲームはこれを利用することが大前提となっています。
自分が敵の注意を引き付けている間に味方に攻撃や魔法を使ってもらいますが、
主人公自身も物陰に隠れて不意打ちしたり、遠くの敵をボウガンで攻撃したり、
味方の魔法を利用した特殊攻撃を行う等で攻撃に参加することができます。
このようなシステムを利用しながら、地形や敵の位置や特徴を考慮して戦うことが、
このゲームの面白い点になるでしょう。

ですが、そんなに工夫しなくても結構ゴリ押しで勝ててしまうことが多いです。
敵も味方も人数が多いため全体の状況を把握しにくく、
何やらよくわからないうちに勝ってしまっているという事も度々あります。
それと、ボス戦が決まった手順を繰り返す事を強要されるものが多く、
しかもご丁寧なことに仲間がアドバイスまでくれるので、工夫も何もあったものじゃないです。

次にストーリー部分です。中世ファンタジー的な世界観や雰囲気はよく出ていますし、
お話の全体は悪くはないのですが、シナリオと演出はかなり退屈です。
イベントを眺めている時間の長いゲームなだけに、この点が酷いと印象が悪くなりやすい。
しかも、一部のムービーを除いてイベントスキップもできないので周回プレイは億劫です。
早送り機能なんかいらねぇからスキップつけろや

それと、このゲームはオンラインプレイが可能です。ぶっちゃけ、これがメインです。
少しやった程度ですが乱闘はなかなか面白かったです。今も人がいるかは知りませんが。

ちなみに、このゲームは装備品で見た目が変わり、イベント中にも反映されます。
細かく色も変えたりできますので、それなりに着せ替えを楽しんだりはできますが、
防具の数はそう多くはありません。

他にも細々と不満点がありますのでそれを含めると微妙ゲーと言わざるを得ない。
面白いと言える部分はオンラインプレイぐらいです。
強いて言うなら、RPG的なものを時間をかけずにプレイしたい人にはいいかもしれません。
難易度はそれほど高くはなく、20~30時間程でクリアできます。しかも、今なら安価で入手できるし。

さて、MSに見捨てられ、今度は任天堂のセカンドという立場になった坂口氏ですが、
どうしてもムービーで俺のシナリオを見ろ的な部分が捨てられないようです。
FF映画で大失敗し、ブルドラやロスオデがコケてもまだこの姿勢を貫いているのですから驚きです。
もうこれは坂口氏の病気なのでしょう。お大事にどうぞ

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。